前へ
次へ

賃貸管理は入居者と建物対象に対応が可能

賃貸物件の戸数が多くなればなるほど、現実的に考えてみても、全てを自己管理するのは不可能です。時代の流れにも合った賃貸管理会社を利用するのが最善の解決策であり、賃貸物件管理を自己負担のみでやろうという試みよりも建設的な判断と言えます。契約をして賃貸管理サービスを利用してみると、ほとんどの手間のかかる仕事は引き受けてくれるので気持ちも楽です。入居者を対象としたものであれば、入居手続きをはじめ賃貸借契約の締結に契約更新の手続き、貸主と入居者の間の連絡仲介も、要望の調整にも応じてくれます。毎月の賃料の微妙や未収金の催促も、退居の受け付けに手続きや敷金の清算、近隣や入居者同士のクレームまでお手のものです。建物を対象としたことにも対処可能であり、共有部分の清掃と保守に法定点検、建物全般に関する中長期修繕計画のアドバイスもあります。退居後に必要であればリフォームの手配をしたり、設備や建物に関わるクレームの受付と処理にも対処可能です。

Page Top