前へ
次へ

賃貸管理として家賃の入金状況の管理

賃貸物件を貸すときには賃料を設定するでしょう。通常は利用する月の前月末などに支払ってもらう前金制をとることが多くなります。かつては大家が各部屋に賃料の回収を行うケースが多かったですが、これは回収をする方も回収される方にとってもあまり都合がよくありません。そこで大家の口座に振り込むケースが多くなっています。大家としては賃貸管理としてきちんと家賃が入金されているかを確認する必要があり、入金されていればチェックをしていきます。賃貸管理をしていくときの問題としてきちんと入金されていないときが挙げられるでしょう。多くの入居者は期限通りに振り込みをしてくれますが、中には期限が来ても払ってくれないときもあります。ただ払ってくれないからと言ってすぐに退去を申し出ることはできず、支払ってもらうよう交渉をしなければいけません。まずは未入金分についていつまでに支払ってくれるかを話し合い、それが難しいときは保証人から支払ってもらうなどの手続きをしていきます。

Page Top